不動産をお持ちの方へ 不動産売却

札幌の中古マンション ホーム > 不動産をお持ちの方へ > 建築診断

建築診断

建物は隠れた部分こそ大事です!!

建築診断 ※ボタンをクリックすると詳細をご覧いただけます。

  • 建物総合基本調査(目視調査・非破壊検査・計測調査)
  • 新耐震基準適合判断
  • シックハウス室内空気測定
  • サーモカメラによる建物非破壊検査
  • 中古物件購入後のメンテナンス計画策定

建物総合基本調査(目視調査・非破壊検査・計測調査)

目視調査・非破壊検査・計測機器の使用により建物診断を実施いたします。

  • 建築の専門家による建物診断により、現況が確認できます。
  • 建物売買後の予期せぬトラブルの防止効果が高まります。

下記資格を全て有する調査員が担当します。・一級建築士・一級建築施工管理技士・宅地建物取引主任者・住宅性能表示評価員資格・シックハウス診断士補

建物診断・調査報告書サンプル

基礎鉄筋探査 レーザー計測 コンクリート強度


新耐震規準適合判断

木軸在来工法・ツーバイフォー工法住宅の耐震鑑定

  • 国土交通省住宅局建築指導課監修 (財)日本建築防災協会発行
  • 2004年改訂版「木造住宅の耐震診断と補強方法」による診断方式
  • 工学的な分析で耐震性を評価する精度の高い診断

新耐震基準適合証明書 発行業務

  • 築後20年を超える木造住宅で、新耐震基準を満たすことを証明している物件を取得した場合、下記<税制特例>が適用されます。
  • 特定の居住用財産の買換え及び交換の場合の長期譲渡所得の課税の特例措置
  • 住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税制度の特例措置
住宅ローン減税
  • 中古住宅の取得に係る中古住宅及び中古住宅用の土地に対する不動産取得税の特例措置
  • 住宅用家屋の所有権の移転登記等に係る登録免許税の軽減措置

    ※中古住宅を取得する前に証明書の発行が必要です。


耐震診断鑑定書サンプル(一部抜粋)


シックハウス室内空気測定

ホルムアルデヒド空気簡易濃度測定

P-30の特徴 理研計器のホルムアルデヒド検知器FP-30は厚生労働省ホルムアルデヒドの室内環境基準値0.08ppm(30分平均値)の簡易測定に最適なホルムアルデヒド測定器です。

ホルムアルデヒドの簡易測定に最適
  • わずかなホルムアルデヒドでも敏感に反応してしまう方に、必須の調査です。
  • 現状建物内部の室内空気中濃度を測定します。

    ※ホルムアルデヒドの簡易濃度判定は30分間の測定後、判定できます。

VOCの空気濃度測定

揮発性有機化合物「VOC」5種類の濃度同時測定

測定鑑定書サンプル


サーモカメラによる建物非破壊検査

補強材の確認、漏水、壁体内結露断熱材の欠損などの検証診断を致します。

構造躯体・補強材の非破壊検証

  • 目視では確認できない柱・すじかいを非破壊で確認することができます。
  • 耐震診断評価時やリフォーム設計計画時に、低コストで検証が可能です。

柱・間柱・すじかいの例

断熱性能・欠損の検証

  • ヒートブリッジ(熱橋)・断熱欠損などによる、低温異常部位の発生状況の検証ができます。
  • 結露発生の危険性の有無や断熱性能改善計画の参考となります。

漏水・結露の検証

  • 漏水・結露による異常部位は、健全部位と違い水分を多く含んでいる為、低温になります。
    サーモカメラにより微小な温度差を確認し、異常部位を発見できます。


中古物件購入後のメンテナンス計画策定

中古物件の購入後に必要なメンテナンスをカテゴリー別の計画表で、ご提示いたします。
購入資金計画や、購入後のランニングコストの目安資料として、大変参考になります。

建物維持管理項目 生活環境向上項目 構造安定性項目

メンテナンス計画表サンプル

メンテナンス計画表(購入後から20年居住計画)

このページの先頭へ